アミノレブリン酸とは?代謝アップに効果あり?

アミノレブリン酸は代謝に関わる重要な栄養素です。

アミノ酸の一種でγ-レブリン酸とも言われ、生体内で重要な働きをしています。
とくにミトコンドリアに作用して、エネルギー生産能力を高める働きがあります。
その効果は科学的にも実証されており、高血糖の抑制や肥満防止に効果的です。代謝とはエネルギーを生産したり生体物質を合成したりすることをいい、私たちの体で日常的に行われています。

このように生体活動として重要な代謝ですが、その働きが落ちてしまうと疲労や老化を感じやすくなったり、太りやすくなったりします。これは代謝が落ちるとエネルギー生産能力が落ちて、免疫力の低下や脂肪の蓄積が起こりやすくなるためです。そのため健康的な生活を送るためにも代謝を上げることは重要でしょう。
そして代謝アップに効果的なのがアミノレブリン酸になります。
アミノレブリン酸はミトコンドリアに取り込まれると、鉄と反応してヘムを作り出します。
このヘムはエネルギー生産で働くシトクロムに必須の成分のため、代謝には欠かせません。

つまりアミノレブリン酸を摂取すれば代謝を上げることが可能ですし、逆に不足すれば代謝が低下してしまうのです。

今年、最も指示を集めたエキサイトニュース情報を選びました。

アミノレブリン酸は加齢やストレスで減少していきます。



そのため代謝アップのためにも摂取した方が良いでしょう。



含まれる食品には黒酢やワイン、納豆などの発酵食品です。

そのほかにもサプリもあるため効率的に摂取することができます。

高血糖の改善や肥満防止にもなるため、毎日の食事に取り入れてみると良いでしょう。