アミノレブリン酸の力で糖分をエネルギーに変える

血糖値が高いと、のどの渇きや頻尿、疲れやすさといった日常的な症状が出るだけでなく、糖尿病や高血圧、肥満、動脈硬化のような病気が発症する恐れがあります。
そもそも血糖値とは血液中のブドウ糖の量を指します。

糖分を多く含む食品を食べると血糖値が上昇し、それを下げるためにインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは糖を細胞内に取り込んでエネルギーとして利用・蓄積します。

真剣に@niftyニュースの情報をご説明します。

しかし糖の摂取が多すぎると細胞に取り込みきれず、余分な糖が体に害を与えます。



血糖値が高いと診断された場合、炭水化物や甘い食品、高カロリー食品を制限し、食事量そのものを抑える必要があります。


場合によってはインスリン投与が必要なこともあります。
血糖値が高くなる前の予防策として、食事内容の見直しに加えて血糖値低下作用のあるサプリを利用することもできます。

最近注目されている血糖値対策サプリには、「アミノレブリン酸」という成分が含まれています。
これはアミノ酸の一種で、腸で吸収した糖がエネルギーに変換されるときに、それをサポートする働きがあります。

いったん上がってしまった血糖値を下げるインスリン投与とは異なり、糖の燃焼を促進してエネルギーへの変換率を高めるため、血糖値の上昇自体が緩やかになります。

アミノレブリン酸を配合したサプリは、糖をエネルギーに変換させるので、ダイエット効果も期待できます。



血糖値対策にもダイエットにも、普段の食事の見直しとともにアミノレブリン酸配合のサプリを利用してみてはいかがでしょうか。